So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『コネクティング・ワールド』 @ICC [展覧会]

昨日、ICCにて開催中の『コネクティング・ワールド:創造的コミュニケーションに向けて』展に行ってきました。

私好みのデジタル・音響のインスタレーションや映像作品が多く、非常に楽しめました♪
その中でも特に面白かったのは2つ。

1つめは、毎度おなじみ山口情報芸術センター(YCAM)からの「OBJECT B」という作品。

立方体スクリーンの周辺に、キーボード、マウスなどコンピュータ部品や電動工具、電気機器で作られた奇妙なロボットが配備され、うち一つが観客が操作できる作品で、観客のコマンドと3つのロボットのコマンドが自動的に打ち込まれ、不思議なゲームが展開していく内容。
ついついはまってしまって、ドラム缶や椅子や車など投げまくってきました(笑)

2つめは、ペーター・フィッシュリ&デヴィッド・ヴァイスのスイスの二人組みによる映像作品「The Way Things Go」

椅子、ガラスビン、バケツ、タイヤなどのがらくたを使って、次々とドミノ倒しを展開する内容。
これが永遠30分繰り返されるのですが、その滑稽でスリリングな映像に、腹の底から笑いがこみ上げてしまいました。最高です!

まだの方はぜひ!オススメです。
ICCのWebサイトに割引クーポンもありますよ。

『コネクティング・ワールド』

■会 期 : 2006年9月15日(金)~11月26日(日)
■会 場 : NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーAほか
■時 間 : 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
■休館日 : 月曜日
■入場料 : 一般・大学生500円、高校生300円、中学生以下無料

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。